COLUMN

2020.02.03

『スノーボードの未来を作る』4つの個性派スノーボードメーカーの特徴!

雪に冷やされて湿った冷気の中に、ゆっくりと滑走を始めるスノーボード。

会社の自分、学校の自分、家族としての自分・・・
そんな「いつもの自分」がスピードアップするにつれて消えていき、爽快感だけを残して雪原を疾走する感覚はスノーボーダーをとりこにしています。

世界的に認められているスノーボードメーカーの多くも、そんなスノーボードに強く魅せられた人たちが立ち上げたもの。
メーカーについて知っておくことはスノーボードの歴史を見ることでもあり、メーカーが目指している「信念」を見ることでもあります。

今以上にスノーボードを楽しめるようになるために、当店GOLGODAでも取り扱っている4つのスノーボードメーカーのストーリーを詳しくみていきましょう。

性能とデザインを両立したスノーボードメーカー【THIRTYTWO】

1995年の設立からスノーボードアイテム、特にスノーボードブーツ市場のトップを走っているのが【THIRTYTWO】というメーカー。

THIRTYTWOは華氏32℉(=摂氏0℃)に由来するもの。
そこには「水が氷に変わる温度で、スノーボーダーのスイッチが入る」というメッセージが込められています。
そんなメッセージ性や遊び心を持ちながら、スノーボード作りに妥協はありません。THIRTYTWOのアイテムは、「スノーボードジャンプ中の頸椎の加速」の計測など、学術的な研究に基づいたデザイン。
さらに、販売されている全ての製品はトップライダーのチームのテストをクリアした一級品です。

スノーボードブーツブランド【THIRTYTWO】の商品ページを見る

THIRTYTWOのオススメ商品はコレ!

そんなTHIRTYTWOのアイテムの中で、当店GOLGODAがおすすめするブーツは「LASHED」というモデル。

洗練された無駄のないフォルムと表面の光沢が、最新型のロボットスーツをイメージさせます。トロピカルで派手な柄から単色でシックな柄まで、幅広いデザインから選べるのも魅力です。

LASHEDのスノーボードブーツページを見る

また、THIRTYTWOはスノーボードブーツだけでなくアウターアイテムも一流です。 「TM HOODIE」は、撥水性能に優れたパーカーモデル。
過酷な雪山にも普段着のような「快適さ」を連れていける、ハイスペックなアイテムです。

TM HOODIEのスノーボードブーツページを見る

「モダンな美」を意識したエコなスノーボードメーカー【HOLDEN】

2002年に設立されたメーカー【HOLDEN】はスタイリッシュなアウターウェアを製造するメーカーです。

そんなHOLDENが大切にしているのは「新しさ」。機能性ばかりが重視されていた15年前のアウターウェア業界に、「ファッション性」と「環境への配慮」という革新的な感性で切りこみ、新しい定義を作りました。

「もっとも過酷な環境でも、スタイリッシュでありつづける」現在も、そんなコンセプトの実現に取り組んでいます。

スノーボードウェアブランド【HOLDEN】の商品ページを見る

HOLDENのオススメ商品はコレ!

HOLDENのデザインは「都会的な美」を表現しています。
特に当店がおすすめするのは「Fishtail Jacket」。

シンプルな単色ベースに、細身でモダンなデザイン。研ぎ澄まされた美的感覚が光るジャケットです。機能性も高く、3レイヤーでバックカントリーにも対応できます。

M’s M-51 3-Layer Fishtail Jacketのスノーボードウェアページを見る

HOLDENはビブパンツのクオリティも一級品。
おすすめは「MAISON BIB PANTS」。シンプルなFishtail Jacketによく合う迷彩柄や、どんな柄と合わせても外さないダークなデザインから選べます。

M’s MAISON BIB PANTSのスノーボードウェアページを見る

アーティスティック個性派スノーボードメーカー【AIRBLASTER】

【AIRBLASTER】はアメリカ・オレゴン州で15年前に設立されたメーカー。
いまや世界的なスノーボードメーカーとなり、日本にも製造工場を持っています。

他のどんなブランドよりもオリジナリティを大切にし、独特のカラーリングとシルエットを持つアーティスティックで刺激的なデザインを作り続けています。

AIRBLASTERのテーマは「上昇」。そのテーマを象徴するように、メーカーのロゴは炎を上げて飛ぶ「宇宙船」をイメージしてつくられています。

スノーボードウェアブランド【AIRBLASTER】の商品ページを見る

AIRBLASTERのオススメ商品はコレ!

そんな個性派ブランドAIRBLASTERを象徴するジャケットが「Trenchover」。
2種類の柄を組み合わせることで、斬新でポップな印象をつくりだしています。
「ゲレンデのどこにいても、一目でAIRBLASTERだとわかる」そんな魅力的なジャケットです。

Trenchoverのスノーボードウェアページを見る

ジャケットだけではなく、同じテイストのデザインが選べるパンツ「Elastic Boss Pant」と合わせてこそ、
AIRBLASTERのデザインは完成します。
上下揃えて、全身で「個性」を表現してみてください。

Elastic Boss Pantのスノーボードウェアページを見る

スノーボードグローブの新星メーカー【HOWL】

2012年に設立されたばかりながら、多くのスノーボーダーの注目を集めているスノーボードグローブのブランド、【HOWL】。
「新しい文化を創り出す」ことをコンセプトに、ユニークなグローブスタイルを追及し続けています。

非常に機能的ながら、そのデザインはまるでストリートファッション。いつもの日常でも使いたくなるような「親しみ」を感じさせてくれます。

スノーボードグローブブランド【HOWL】の商品ページを見る

HOWLのオススメ商品はコレ!

そんなHOWLが送り出しているアイテムのなかで、当店GOLGODAは2つのグローブをおすすめします。

ひとつは、「FLYWEIGHT MITT」というモデル。
名前の通りの軽さが特徴的で、防水性能も抜群に高いグローブです。丸みを帯びた柔らかいデザインで、カラーは4種類。
ポップな「Thumbs Up」や、ダークグレーでスタイリッシュな「8 Ball」などから選べます。

FLYWEIGHT MITTのスノーボードグローブページを見る

もう一つのオススメは、「HOWL JED MITT」というモデル。
手の甲側にスクエアがワンポイントあることで、デザインの印象が効果的に引き締められています。カラーは5種類から選べて、どんなスノーボードウェアにも自然に馴染む淡い色合いが魅力的です。

HOWL JED MITTのスノーボードグローブページを見る

ここまで4つのメーカーについて解説してきましたが、お気に入りのメーカーは見つかりましたか?

日本ではあまり想像できませんが、これらのスノーボードメーカーの商品は単なる「売るためのデザイン」ではありません。
「コンセプトの表現」であり「アートの追及」です。

見た目や機能だけでなく、メーカーの信念からアイテムを選んでみるのも、スノーボードをさらに深く楽しむ方法の一つですね。

この記事を書いた人

GOLGODA SURF&SNOW代表取締役 廣瀬 貴之

サーフィンやスノーボードを通じて感動と感謝の気持ちを伝えていければとの思いを胸に、”今までにないサービスの創造を追求し、お客様を満足させること、お客様に感動を与えることをモットーに魅力的なサーフショップ、スノーボードショップ創り”を目指して頑張っていきますので、宜しくお願い致します。

スノーボード カテゴリ一覧

スノーボード板スノーボード板

ビンディングビンディング

ブーツブーツ

ウェアウェア

ゴーグルゴーグル

グローブグローブ

ビーニービーニー

メンテナンスメンテナンス

スノーボードブランドA〜FスノーボードブランドA〜F

スノーボードブランドG〜JスノーボードブランドG〜J

スノーボードブランドK〜ZスノーボードブランドK〜Z

スノーボードアパレルスノーボードアパレル

スノーボードDVDスノーボードDVD

スノーボードアクセサリースノーボードアクセサリー

COPYRIGHT (C)2019 GOLGODA ALL RIGHTS RESERVED.
COPYRIGHT (C)2019 GOLGODA ALL RIGHTS RESERVED.