COLUMN

2024.05.28

スノーボードのサイズの選び方 長さ以外の注意点も解説

初めてスノーボードを購入する際、サイズの選び方が分からず迷ってしまう方は多いですよね。

サイズ感を間違えてしまうと思うように滑れないこともあるため、事前に選び方のポイントを確認しておくと安心です。

今回はスノーボードのサイズ(長さ)の選び方や、長さ以外で意識したい注意点を解説していきます。自分に合ったサイズのスノーボードを購入して、今まで以上にスノボライフを充実させていきましょう!

スノーボードのサイズの選び方とは?

スノーボードのサイズは、身長やスタイルに合わせて選ぶことができます。ここから、それぞれの選び方について詳しく解説していきましょう。

身長に合わせて選ぶ

スノーボードのサイズ(長さ)は、身長に合わせて選ぶのが一般的です。身長から約10cm〜20cm引いた長さのスノーボードが適切でしょう。

以下のように、身長によって引く長さは若干異なるので、目安として参考にしてみてください。

⚫︎身長160cm以下:約−10cm
⚫︎身長160〜175cm:約−15cm
⚫︎身長175cm以上:約−20cm

スノーボードの種類によっても適切な長さは異なる場合があるので、心配な方は実店舗でプロのスタッフに相談すると安心です。

スタイル(滑り方)に合わせて選ぶ

スノーボード中級者〜上級者の方は、スタイル(滑り方)に合わせて長さを選ぶこともあるでしょう。今回は4つのスタイル別に詳しく解説していきます。

初心者の方も、ぜひ今後の参考にしてみてください。

フリーライディング(フリーラン)

スノーボードの基礎的な滑り方であるフリーライディングの場合、身長に合った適正サイズの長さがおすすめです。フリーライディングでは、長すぎず短すぎないサイズ感の板が最も乗り心地が良いといわれてます。

パークスタイル(フリースタイル)

パークスタイルの場合は、使いたいアイテムに合わせてスノーボードの長さを選ぶのがおすすめです。

⚫︎ジブの場合:短めの板
⚫︎キッカーの場合:適正サイズの板
⚫︎ハーフパイプ:やや長めの板

グラウンド・トリック

ジャンプやスピンなどのトリックを行うグラトリの場合、細かなコントロールがしやすい、やや短めの板が良いといわれています。ただし、あまりに短いサイズを選んでしまうと不安定になり、かえって扱いにくくなるケースもあるので気をつけましょう。

バックカントリー(ツリーラン・パウダーラン)

ゲレンデではない自然の雪山で、新雪の上を滑るバックカントリーは、十分な知識や技術などが必要な上級者向けのスタイル。

浮力が必要となるバックカントリーの場合、やや長めの板が扱いやすいといわれていますが、森林の中を滑る場合は小回りがきくやや短めの板が人気です。

バックカントリーの場合は、滑る場所に合わせて長さを選ぶと良いでしょう。

スノーボードの長さ以外で注意すべきポイント

スノーボードを選ぶ際は、長さ以外にも気をつけたいポイントがあります。ここから注意点を解説していくので、購入時には忘れずにチェックしましょう。

ウエスト幅

スノーボードを選ぶときは、ウエスト幅(板が最もくびれている部分)にも意識を向けましょう。一般的に適切といわれているのは、ブーツよりも約−1cm前後のサイズ感です。

ブーツとウエスト幅のバランスが合っていないと、滑りにくいだけではなく、転倒などの危険もあるので気をつけましょう。

板の硬さ

スノーボードには柔らかめ〜硬めの板があります。現状は統一された硬さの規格基準はありませんが、メーカーによっては1〜10段階の数値で示すことも多いです。

一般的に初心者の方には、柔らかめの板が良いといわれています。柔らかめの板の場合、少しの力でターンやジャンプをすることができるので、初心者の方でも扱いやすいでしょう。しなりが良いため、グラトリにも適しています。

一方、硬めの板は高速滑走時にとても安定感があり、キレのあるターンや高いジャンプなども可能な点が魅力です。ただし、柔らかめの板と比較するとコントロールが難しいため、中級者〜上級者の方に向いています。

様々なスタイルを幅広く楽しみたいという方は、柔らかすぎず硬すぎないミディアムの板がおすすめです。

まとめ

スノーボーダー達にとって欠かせない相棒でもある板は、適切な長さ・硬さ・ウエスト幅のものを吟味して購入することがポイントです。

GOLGODAでは、プロのスノーボーダーがこれらの点を考慮して最適な板をご提案しています。スノーボードを購入するのが初めての方でも、安心して相談できるのが魅力です。

レアブランドのお取り扱いもあるので、ベテランスノーボーダーの方にご満足いただけるようなアイテムも多数ご用意しています。

ぜひ、GOLGODAのネットショッピングや実店舗にも遊びにいらしてくださいね。

【GOLGODAおすすめのスノーボード(板)はコチラ】

スノーボード カテゴリ一覧

スノーボード板スノーボード板

ビンディングビンディング

ブーツブーツ

ウェアウェア

ゴーグルゴーグル

グローブグローブ

ビーニービーニー

メンテナンスメンテナンス

スノーボードブランドA〜FスノーボードブランドA〜F

スノーボードブランドG〜JスノーボードブランドG〜J

スノーボードブランドK〜ZスノーボードブランドK〜Z

スノーボードアパレルスノーボードアパレル

スノーボードDVDスノーボードDVD

スノーボードアクセサリースノーボードアクセサリー

COPYRIGHT (C)2019 GOLGODA ALL RIGHTS RESERVED.
COPYRIGHT (C)2019 GOLGODA ALL RIGHTS RESERVED.